読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ初心者がブログの運営戦略について考えたこと。~習慣は、最高の召使いか最悪の主人のいずれかである~

ブログ運営

ブログ、なかなか記事数がたまらない。。

 

f:id:kamkamkamyu:20150705171416p:image

(充電は溜まらないし、迷惑メールは溜まっていくスクリーンショット)

自分の得た経験や知識を発信したい→ブログを書こう

とほぼ1年近く前から思い続けてちょこちょこ文章を書く練習をしてきたものの、いざ本格的に始めようとしてみると、なかなか難しい。

 

完璧主義者ほど一歩目が踏み出せないと言うけど、そもそも完璧なんていう状態はないし、初心者で完璧を目指していることほど無駄なことはないと思う。だって、完璧ってなんだというお話で、完璧という状態を知っているのかというところからの問題だから。知っているわけがないじゃないか。

 

そこで、完璧じゃなくてもいいから投稿してみることに意味があるとまでは考えが至ったたのだけど、そういう問題について考えてみました。

 

  1. 長文を書くモチベーションが維持できない
  2. 語彙力が足りない
  3. 文章を書く事が習慣になっていない

 

1,長文を書くモチベーションが維持できない

モチベーションなんてブログを書くという動機に対しての自分の根本的な問題なんですよね。

今のところ誰に向けて(ターゲット)何を(コンテンツ)書いているのかは

 

まず主に自分。自分が必要としている知識たり、興味を持っていたりする情報、活動の記録を、自分が面白い、読みたいと思える言葉の選び方や、使い方、文章構成で書いていこうと思っている。

 

次に、自分に似た価値観を持っている人。正直に言って、自分とまったく違う価値観を持っている人のことを自分が楽しませられるか、特にブログ、文章で。それはちょっとむずかしいんじゃなかろうか。

今は不可能だと思う。ので、自分に似た価値観の人が読んでくれて、面白い、楽しい、もっと読みたい。と思えるものにしたいなあ。

 

将来的にはせっかくやっているのだから個人メディアのような形にしていけたらいいなあとは思っていて、個人の考えや、新しい体験の感想オススメ、活動の記録(ポートフォリオ的な)を書いていこうと思っている。

 

のだけど何をするにも、それをしたいと思う動機を維持するのには大変な労力が必要なんですよね。

人が行動するには、自分を納得させなくちゃいけない。

 

自分はそれをしなくてはいけないのか

自分にそれが必要か

自分にとって重大な選択か

自分の欲求を満たしているのか

 

などなど。理由付けして、納得していれば人は行動するし、むしろ行動せずにはいられない。行動しないと気持ち悪いくらいになる。

 

でも、ブログをしなくてはいけない理由はないし、ブログを書かなくても生きていけるし、ブログをしなくても自分の求めているものは得られるかもしれない。

 

やらない理由なんて考えれば考えるほど山のように浮かんでくるんだよね。。

 

2,語彙力が足りない

文章を書くことそれ自体が楽しくて趣味感覚で続けられたらいいんじゃないかなんて思うんだけど、もともと言葉を選んで使うのは好きだけど、長文とか考えたことが無い。

 

誰かに向けて語ったり、説得したりするなんてことも全然してないし、大学のレポートも本を読んで引用して、なんとか文字数ギリギリで提出。みたいなことをしていたので、圧倒的に文章を生成するための言葉のストックが無いんですよね。

 

それで、やっとこ記事を書いてみても、改めて自分で読んで「何だこの稚拙な文章は…人に見せられるものなのか…」と落胆してブログを開きたくなくなるみたいな。

 

でも改めて考えてみれば物書きとしてやっているわけでもなしに、語彙力がないのなんて当たり前の話なんですよね。むしろ理想のとおりに言葉を扱えるならそれは文章で食べていける人なのではないでしょうか。

 

そもそも、自分が文章を読んで「良いなあ、素敵だなあ、憧れるなあ」と思った人はどんな人だろうと考えると、だいたいプロの人じゃん!!たとえば森見登美彦さんとか、水野敬也さんとか、伊坂幸太郎さんとか、挙げればきりがないのでこのへんにしておきますけど。

 

どだい無理な語彙力、文章力を理想にして「書けない…どうしよう…」とやっていたわけで、おこがましいにもほどがあるわと。小一時間自分を説教してやりたい気分ですけれども。書けるわけがない。プロの人をバカにしている。

 

3,文章を書くことが習慣になっていない

じゃあ、そんな文章能力弱者な自分を見つめなおしてどうしていけばいいのかなーと思ったところ、

質より量だ!!!

という結論。

 

質のいいものというのは絶対的な量の中から産まれるんですよね。

 

うろ覚えですけど、電通のコピーライターははじめのうちに1回の会議に100個のコピーを書いていかなければいけないとか聞いたことがあります。良いコピーというのはいい切り口だということで、はじめのうちは良い切り口なんてわからないのでとりあえず書く。書いた中で感覚値として自分で見つけられるそうです。

 

そして継続!

 

イチローだって「高校時代、毎日10分だけ素振りをしました。1年365日、3年続けたそのことで、 たった10分がすごい時間に感じ、誰よりも継続したことで強い気持ちが持てるようになりました。」と言っていました。

 

継続は力なり。ことわざは偉大です。まさにその通り。

 

そういえば自分だって諦めずに続けたものが上達してきました。ギターとかはあまりはまらなくて練習したいと思えなくてバンドのメンバーには迷惑をかけたこともあったなあ。。もうしわけない。。

 

自分を納得させる理由探し

そういうわけで、たくさん書くこと、習慣にすることがさしあたっての答えかなと結論付けられたんですがそれでも行動に起こすとなると不安。。

 

なのでブログの先駆者を研究してみました。

 

はぴらき合理化幻想

hapilaki.hateblo.jp

ミニマリスト、シンプルライフとしてブロガーの間では有名なはぴらきさん。

2014年1月1日から2015年6月29日までは毎日ブログを更新し続けている。更新できなかった日もあるが、その場合は別の日に複数の記事を投稿してフォローする。PV(アクセス数)の推移は次のとおり。

  • 1ヶ月目は月197PV
  • 2ヶ月目は月3,564PV
  • 3ヶ月目は月31,036PV
  • 4ヶ月目で月10万PV突破
  • 9ヶ月目で月20万PVと累計100万PV突破
  • 12ヶ月目で累計200万PV突破
  • 1年1ヶ月目で月30万PV突破
  • 1年3ヶ月目で月40万PV突破
  • 1年5ヶ月目で累計400万PV突破

2014年の月ごとのPV推移を次のページで確認できる。

ですって!!!すごいなあ。。(小学生並みの感想)

 

ちなみにブログのアクセス数と収益の関係はイケダハヤトさんのブログによるとこんなもんらしくて

1万PV:〜1,000円
5万PV:3,000〜10,000円
10万PV:10,000〜50,000円
20万PV:50,000〜100,000円
30万PV:100,000〜150,000円
40万PV:150,000〜200,000円
50万PV:200,000〜250,000円

月40万PVいけばブログで生活していけるレベルってことですよね。羨ましい。

 

今では月40万プレビューのはぴらき合理化幻想、始めた頃はどうだったのかなーと思って一番最初の月を見てみました。

 

hapilaki.hateblo.jp

 

hapilaki.hateblo.jp

 

ほぼなんにも書いてないけど更新だけしてる。みたいな日がたくさんある!!

やっぱり習慣から、って思っていたみたいです。なるほど。

今ではライフハック記事や、ミニマリストとしての生活スタイル。節約に関しての記事など読者にとっても有益な記事が中心になっていて、勉強になるなあと思って読んでいます。

 

あと、ツイッターでイケダハヤトさんが

 

 

とツイートしていました。こういうのって勝手に引用していいのかよくわかってないんだけど、怒られたら謝って消せばいいのかな。。。

 

そうそう、ブログに書き慣れていないうちは文章力どうこうもそうだけど、なにを書きたいかがよくわからないんだよなあ。と思います。

 

ちなみにイケダハヤトさんを知らない人のために

まだ東京で消耗してるの?

というブログを運営している方です。

なんかもう、東京から高知に引っ越して面白い日常をブログにしたり、過激なことを言って炎上したり、すごいです。

プロブロガーです。

ビッグイシューの編集長もしています。ライターの希望の星みたいなところあるなあと思って読んでます。

 

まあまあそういうことで、記事が書けないとか言ってた割に長々と書けてしまったのですが、最後に思い出した僕の好きな言葉で締めくくろうと思います。

 

習慣は、最高の召使いか最悪の主人のいずれかである。

 

 つづき

 

kamkamkamyu.hatenablog.com