読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与えることでお金持ちになれるし幸せになれる。

日記・小話

ぼく「お金もちになる人ってどんな人なんだろうねー」

 

友人「お金持ちになりたいわ-」

 

友人「そういえば、この間思ったんだけど、うちの近くの商店街の先に、酒屋さんがあるのね」

 

ぼく「うん」

 

友人「その酒屋さんはタバコも売ってて、そこで俺はタバコ買うんだけど、その酒屋さんの前に小さい広場があって、灰皿を置いてるのよ」

 

ぼく「へえー」

 

友人「自分の敷地においた灰皿を、どうぞご自由に吸ってください-ってやってて、器広いなって思ったね」

 

ぼく「たしかに。なかなかそんな人いないね」

 

友人「で、思ったのは、やっぱり、お金持ちになるには、譲与してることって大事なのかも」

 

ぼく「与えることか」

 

友人「そう」

 

ぼく「たしかに、人として何かしらの価値があって、その価値を人に提供してるからこそ、お金という目に見える形で返ってきてるだけなのかもね」

 

友人「でしょ」

 

ぼく「うん」

 

友人「そこのおばちゃんすごくて、灰皿を綺麗に掃除してるところに近寄ったら、ニコニコしてどうぞゆっくりしていってね~って言ったの」

 

ぼく「はー、それはすごい。優しい」

 

友人「器の小さい人だったらさ、ここは私の土地だから勝手に使わないでよね!ってなるところを、このおばちゃんは、どうぞーっておおらかに、むしろ積極的に与えてくれてるの」

 

ぼく「なるほどなあ」

 

友人「そりゃお金持ちになるでしょ」

 

ぼく「わかった。お金持ちになる人って、なるべくしてなってるんだな」

 

友人「そのとおりだ」

 

ぼく「なんだっけな、誰かの名言なんだけど人付き合いというのはギブアンドテイクではない。ギブギブ、そしてギブだっていうのがあって。だれかは忘れちゃったんだけど」

 

友人「ギブアンドテイクではない」

 

ぼく「与えるだけだってこと」

 

友人「なるほど、相手にはテイクを求めないのか」

 

ぼく「そう、与えて、与えた結果として、リターンが来る。リターン目的ではないんだけど、結果的に自分に返ってきてるみたいな。言葉にすると難しい」

 

友人「わかる」

 

ぼく「そういえば、人間関係で、前は優しくしたり助けたりしたら、見返りがほしいなって思っちゃってたことがあったんだけど」

 

友人「うん」

 

ぼく「そういう時って、お礼も言われないとか感謝されないとか思ってイライラしちゃったりしてたのね」

 

友人「感謝されたいよねー」

 

ぼく「でも、ふと気がついて、感謝されたいとか思わなくなったら、なんかすごく満たされた気になったし、たまに感謝されるだけですごく嬉しくなった」

 

友人「たしかに。感謝されたいと思うと、感謝されてない今を引き寄せるから、満たされないってことだね」

 

ぼく「そうだそうだ。感謝されたいと思わないってことは、感謝がもう自分に満ちてるってことだから、不足がない幸せな自分でいられる」

 

友人「いいね」

 

ぼく「だからあれだね、お金持ちになるには、まず見返りを求めずに与えなきゃだね」

 

友人「お金持ちになるってリターンを考えてもダメかもだけどね」

 

ぼく「あ、そうだった」

 

ぼく、友人「与えよう