読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枯山水で心を静める。

自宅で枯山水ができる!
ボードゲームを後輩からもらいました!!
f:id:kamkamkamyu:20150809134708j:image
これだけあればできるようにセットになってる。

f:id:kamkamkamyu:20150809134717j:image

石の亀と

f:id:kamkamkamyu:20150809134742j:image
橋と

f:id:kamkamkamyu:20150809134758j:image

熊手と

f:id:kamkamkamyu:20150809134824j:image

石。

f:id:kamkamkamyu:20150809134834j:image

並べてみたけど難しい。。
f:id:kamkamkamyu:20150809134851j:image
こっちのほうがうまくできた!!

f:id:kamkamkamyu:20150809134903j:image

もともと、庭園というのは人類が始まって以来西洋でも東洋でも造られてきたもの。

西洋は人工的で、水を重力に逆らって下から上に吹き上げる噴水や、人の思うように整えるガーデニングなどが主に見られていて

東洋では自然を崇拝するアニミズムの影響からできる限り自然を自然の姿で楽しもうとする姿勢の違いがある。

どちらにしても、庭園を造るというのは、大きな石や好みの植物を全国各地の四方八方から運ばせて、維持するために定期的な手入れが必要。

そのため、一握りの権力者や豪族、貴族が楽しむことができる娯楽だった。

そんなお金のかかることをして庭園のなにに魅力を感じていたのかというと、自分で意のままに作庭することによって、理想とする世界を創り出すことができる。

母なる大地の中で、命の源である水を流し、色とりどりの植物、さえずる小鳥や歩き回る小動物。

人が地球という環境の中で自然と共存しているのだというあたりまえの感情を思い起こさせてくれる。それが庭園。

枯山水は、水は流れていないけれど、砂の模様が水の流れを表している。

そんな人の理想世界を映し出すことができる庭園は、心理療法の箱庭セラピーにも使われている。その人が本当はどのような環境を望んでいるかを知るため。

そんな庭園作りが部屋の中で味わえるこの枯山水セットは素晴らしすぎる!

ミニ枯山水キット<庭園セット>

ミニ枯山水キット<庭園セット>


広告を非表示にする