読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰でも最初は初心者だから、恥ずかしがることはない。

徒然草の百五十段で、兼好法師は述べている。

 

f:id:kamkamkamyu:20150915232515j:image


 これからなにか芸事を身につけようとする人で、「うまくならないうちは、なるべく人に見せないようにしよう。こっそりと練習を重ねた上で人前に出すのがかっこいいものだ」という人がいるが、そういう人は一芸も身に付けることができない。

 

まだ全然未熟なうちから上手な人達の中に入ってバカにされたり、笑われたりしても、恥ずかしがらずに練習を積み重ねることができる人は特別な才能がなくても上達することができる。

 

道を踏み外したり、我流に陥ったりすることもなく練習を続ければ、今までバカにしていた人たちよりも上手になり、いつのまにか達人になっていく。人間的にも成長するし、周囲からの尊敬も得られる。

 

今は「天下に並ぶ人がいない」とまで言われる人も最初は笑われ、バカにされ、屈辱を味わった。

 

それでもその人が正しく学び、努力を続けたことによって多くの人はその教えを授かることができるようになった。どんな世界でも同じことである。

 

と。

 

新しく何かを始める時に思い出す言葉だ。

 

人は誰でも他人のやることなすことを評論することができる。それは逆に言えば、どんなものごとでも、人前に出せば評論してもらえるということだ。他人から見た良い点や悪い点も、教えてくれるだろう。

 

初心者のうちから人に見せることが大事だ。